家庭菜園

新鮮な味がたくさん取れるサヤエンドウ(4月)

 栽培管理が楽で失敗も少ないサヤエンドウ。店頭では得られない新鮮さが魅力。家庭菜園にはぜひ取り入れたい野菜です。
 カロテン含有量が多く、分類は緑黄色野菜。ビタミンC、食物繊維も豊富。使い道はサラダや汁の実、煮物にと広く、飽きずに重宝します。
 育て方のポイントを列挙すると次の通りです。
(1)連作畑を避ける
(2)まきどきを誤らない
(3)冬に株が風で振り回されるのを防ぐ
(4)伸び出したつるがよく絡み付くようしっかりした支柱を立てる
 サヤエンドウは野菜の中でも特に連作を嫌う性質があります。4~5年はエンドウを作ったことのない畑を選びます。
 種まきの適期は10月20日前後を目安とします。寒い地域で早まきすると、大きく育ってから厳しい寒さに遭うことになるため、寒害を受けやすくなります。種袋の説明と地域の慣行をよく調べて決めます。
 サヤエンドウは茎葉が柔らかく、越冬中に株が風に振り回され、茎が析れたり枯死したりしやすいので、草丈が15~20cmに伸びたら短い支柱を交差させて立て、株を固定したり、畝に沿って稲わらを半折りにし下方を土に埋め、簡易の風よけを作ったり、べた掛け資材で覆ったりして寒風から守ってやります。
 越冬後草丈が20~25cmぐらいになる頃には巻きひげも出るので早めに支柱を立て、これに絡ませるよう、つるを誘引してやりましょう。
 支柱材としては、細枝がたくさんつくササや、小枝がよく付いた木の枝が最適ですが、人手できない場合は木くいに横竹を渡し、所々に細わらをつるす方法、それらがなければ果菜用の支柱材を立て、横に3段ほどプラスチックひもを渡したり、キユウリの誘引ネット(網目15cm)を取り付けるなど、いろいろ工夫してみましょう。
 肥料分は多くは必要ないので、前作に野菜を育てた畑なら、越冬前に畝に沿って軽く溝を作り、1株当たり化成肥料大さじ2杯ぐらい、本支柱を立てた後に、畝の反対側に同量を施し、土を盛り上げて畝を形作る程度で足りるでしょう。

板木技術士事務所  板木 利隆